クレジットカードの審査は無職で通る?パターンごとに解説します

■クレジットカード審査における無職とフリーターの違い

クレジットカードの審査通過は無職では難しいですが、フリーターなら可能です。
フリーターはアルバイトといえども、収入を得ています。
毎月定期的に収入を得ているフリーターなら、安定した収入があると言えます。
たとえ年収は低いとしても、クレジットカード審査に通ることはできるのです。

収入があるかないか、ここがフリーターと無職の異なるところです。
クレジットカードの申込基準を見ても「アルバイトでも可」としているケースは多いすが、「無職でも可」としていることはほぼありません。
無職は安定した収入を得ていませんから、どう頑張ってもクレジットカード審査に通るのは難しいのです。

無職がクレジットカード審査に通りたいなら、フリーターになることをおすすめします。
ただ体調不良や家庭の事情のために、すぐに働きに行けないという方もいるでしょう。
それなら内職を初めてはいかがでしょうか。
インターネットオークション、記事作成など、自宅でできる仕事は探せばあります。
月に数万円程度でも収入があれば無職ではありませんから、自営業、自由業としてクレジットカードの申込ができるようになります。
フリーターと同じように、クレジットカード審査に通ることができるようになるでしょう。

無職だと安定収入がなく、クレジットカード審査に通ることが難しくなります。
申込書の職業選択欄を見ても、「無職」の選択肢がないクレジットカードも多々あります。
この場合は無職が審査通過するのは無理と考えて良いでしょう。

無職でもクレジットカードを発行できる可能性があるのが、世帯収入で審査をしてくれるものです。
代表的なクレジットカードが、楽天カードです。
楽天カードの申込フォームには、本人に収入があるかを選択する欄があります。
無職でも収入なしにチェックをして、申込みをすることができます。
そして世帯収入の欄がありますので、そこに記入をします。
収入がある家族の分を、すべて合計してかまいません。
世帯収入が十分にあれば、無職でも審査通過できるかもしれません。

ただだからといって、無職が審査に通りやすいクレジットカードであるというわけではありません。
世帯収入で無職が審査通過するには、クレジットカードの発行に有利となる条件が揃っていなければならないでしょう。
クレヒスが悪いといった状況であれば、審査に落ちる可能性の方が高くなります。
また居住形態が賃貸や公営住宅に住んでいたり、固定電話がないといったケースも審査は通りにくいでしょう。

<参考>
審査に通りやすい(甘い?)クレジットカードを徹底調査 | クレジットカードの達人

■求職中無職のクレジットカード審査

クレジットカードの審査に通過するには、安定した収入が継続的に見込めることが必要です。
そのため無職では、クレジットカード審査に落ちてしまいます。

無職にもいろいろなパターンがあります。
ケース別にクレジットカード審査通過が可能なのかを解説していきます。

現在はたまたま無職という場合は、クレジットカード審査に通ることができると考える人は多いです。
求職中であればいずれは収入を得ることができます。
転職先が決まっていれば、近いうちに安定収入を見込むことができるでしょう。

しかしこの場合は、クレジットカードの審査には通過できません。
クレジットカードの審査は、現在の状況を重視します。
この先に収入が見込めても、現在収入がなければだめなのです。
必ず就職先が見つかるとは限りませんし、就職が決まっていても何らかの理由で雇用されない場合もあります。
そのため求職中の無職は、クレジットカード審査に落ちてしまいます。

また前職を退職して失業保険をもらっている無職も、クレジットカードの審査は通りません。
失業保険は永久的にもらえるものではなく、収入とは認められないためです。
求職中の無職は新しい勤務先に働き初めてから、クレジットカードに申込みをしましょう。

無職だけれど、ギャンブルで食べているという方もいます。
パチプロなど、全国に結構いるそうですね。
ギャンブルで儲けがあれば、クレジットカードを使っても返済ができます。
なので審査に通ることができそうですよね。

しかしギャンブルで食べている無職は、クレジットカード審査には落ちると思われます。
ギャンブルは当たれば大きいですが、はずれてしまうこともあります。
はずれが続いてしまうと、お金に困ることは目に見えています。
クレジットカードの発行条件となる安定収入とは言えないので、審査通過はできないのです。

またギャンブルはのめり込む人が非常に多いです。
当たればもっと大きい金額にしたい、はずせば当たるまで続けたい…となり、自分の能力以上のお金を使ってしまう可能性が高いです。
そのような人にクレジットカードを発行するのは危険となり、クレジットカードの審査には通らないのです。

ギャンブルが好きな人は、借金をしてまで続けたいとなることも多いです。
そのためクレジットカード会社では、敬遠する属性です。
職業欄に無職ではなく「パチプロ」と書いても、審査通過はできないでしょう。
真面目に働いて、無職から抜け出す努力をするのがおすすめです。

■無職の専業主婦のクレジットカード審査

無職ではクレジットカード審査に通ることはできません。
しかし専業主婦は、無職でもクレジットカードの発行が可能です。

その理由は本人は無職でも、配偶者に返済能力があると認められるためです。
無職の専業主婦は配偶者の収入で生活をしています。
専業主婦がクレジットカードを使った分も、配偶者の収入で支払われると思われます。
配偶者に安定収入さえあれば、無職の専業主婦に収入がなくても問題ないのです。

近年は配偶者に収入があれば、審査通過できるクレジットカードが増えています。
特に流通系のクレジットカードは、専業主婦に積極的に発行を行っているようです。
イオンカードやセゾンカードなどは、無職の専業主婦でも審査通過しやすいクレジットカードのようです。
専業主婦には狙い目ですね。

専業主婦は配偶者のクレジットカードを使っているケースも多いです。
しかし本当は本人名義のクレジットカードしか使うことができませんので、自分名義のクレジットカードを発行しておきましょう。

ただすべてのクレジットカードが、無職の専業主婦でも審査通過できるとは限りません。
審査が比較的厳しめのクレジットカードだと、本人に収入がなければならないとすることが多いようです。
なのでクレジットカードの申込基準を良く確認して、申込みをするようにしてください。

クレジットカードは高校生を除く18歳以上から、審査通過が可能です。
現在は学生のうちから、クレジットカードを発行しているケースも目立ちます。

学生は学業が仕事ですから、仕事には就いていません。
無職ではあるのですが、学生はクレジットカードの審査に通過することが可能です。

学生は無職ではあっても、アルバイトをしていることが多いです。
アルバイトをしていれば収入があることになり、クレジットカードの審査に通過できる可能性が出てきます。
学生なのでそれほど高い収入があるとは思えませんが、少しでも毎月アルバイト代をもらっているならクレジットカード審査には通過しやすいでしょう。

また無職の学生の場合は、親などの親権者が審査の対象となることがあります。
クレジットカードの審査は基本的に本人を対象にして行われますが、未成年だと申込時に親権者の同意が必要になります。
まだ親の監視の元クレジットカードを使うということになりますので、親に返済能力があれば無職の学生でも審査通過が可能なのです。

現在は学生向けクレジットカードも多数あります。
学生は比較的クレジットカード審査が優遇されることが多いので、社会人になる前に発行しておくことをおすめします。

■無職の年金受給者のクレジットカード審査

平均寿命が伸びたことにより、高齢の人がクレジットカードが必要になるケースも増えてきました。
しかし60代以上になると、クレジットカード審査におちやすくなってしまいます。

理由の一つとなるのが、無職が多いということです。
60歳以上になると、すでに退職をしている人が多いでしょう。
安定した収入が得られないので、クレジットカード審査には通りにくくなるのです。

しかし逆に言うと無職でなければ、クレジットカード審査に通る可能性はあります。
アルバイトなどで収入を得ていれば、クレジットカードをあきらめる必要はありません。
また無職ではあるけれど年金受給をしていれば、審査通過できるクレジットカードがあります。
年金を収入と見なしてくれるクレジットカードであれば、無職でも安定収入があるとして審査落ちを回避できるのです。
こういったクレジットカードは多くはないのですが、審査通過できる可能性があるというのは嬉しいですね。

ただ高齢になればなるほど、クレジットカードの審査に落ちやすくなる現状があります。
無職ではなく安定した収入があっても、年齢がネックで審査落ちすることも考えられます。
クレジットカードは若いうちに発行しておき、それをずっと使うのがおすすめです。

クレジットカード審査に通ることができない無職はどうしたら良いのでしょうか。
現在無職の人が、クレジットカードを発行する方法は以下のようになります。

・仕事を始める
正社員である必要はありません。
アルバイトやパートでも良いので、働いて安定収入を得るのがクレジットカード審査に通る早道です。
クレジットカードの審査では、職種はそれほど影響しません。
極端に離職率が高い職業(水商売など)でなければ、良いでしょう。

・家族カードを作る
家族カードであれば、ほぼ審査なしでの発行が可能です。
無職であっても、クレジットカードを持つことができるでしょう。
家族カードを発行してもらえるような家族がいる無職には、おすすめのクレジットカード発行方法です。

・デビットカードを作る
デビットカードは瞬時に決済が完了するカードです。
クレジットカードとは決済方法が異なりますが、クレジットカードと同じように使うことができます。
ネットショッピングや海外での利用も可能です。
デビットカードはクレジットカードのように審査が無く、決済口座さえあれば無職でも発行ができます。
クレジットカードがないと困るけど、審査に落ちてしまう…という無職は、デビットカードがおすすめです。

■貯金がある無職のクレジットカード審査

無職だけれど貯金で暮らしているという方もいるかもしれません。
多額の貯金があれば無職でも問題はありませんし、クレジットカードの返済もできるような気がします。

貯金があればクレジットカード審査に通過できるかというと、そうではありません。
クレジットカードの審査では、安定した収入があるかを重視します。
貯金があったとしても、無職なのですから安定収入はありませんよね。
そのため貯金で暮らす無職は、クレジットカード審査は通らないと思われます。

多額の貯金があるとしても、使ってしまえば当然減っていってしまいます。
派手な生活をしていれば、すぐに底をつくことも考えられます。
無職だと収入を貯金に回すこともできませんからね。
そうなるとクレジットカードの支払は、滞ってしまうでしょう。
今は貯金で支払いができるとしても将来どうなるかわからないということで、クレジットカード会社は無職は審査通過をさせないということなのです。

クレジットカード審査では、貯金の額は関係ないと言われています。
クレジットカード審査に影響を与える資産については、持ち家があるかくらいでしょう。
よって無職ではなく働いている方でも、貯金はクレジットカード審査には影響しないのです。

無職はクレジットカードの審査に通るのは難しいです。
それでもクレジットカードが欲しい!という無職もいるでしょう。

無職でも審査に通りやすいカードと検索をかけると、いくつか引っ掛かるクレジットカードがあります。

まずはACマスターカードです。
消費者金融系の審査が甘いクレジットカードとして知られています。
これなら無職が審査に通りやすいカードだと思えます。
ただ消費者金融が発行していることにより、収入のない無職は審査通過が難しいと思われます。

消費者金融は総量規制の対象となるため、無職は申込みができないことになっています。
そのため総量規制の対象外となるクレジットカードであっても、無職には発行しないと考えられるのです。
現にACマスターカードは、キャッシングカードにクレジット機能と付けたような感じです。
メインがキャッシングカードとなると、無職が審査に通りやすいカードとは言えないでしょう。

そしてイオンカードなんかも、無職が審査に通りやすいカードとされているようです。
ただ完全に無職となると、やはり発行は難しいでしょう。
無職と同じような自営業者や、無職であっても専業主婦や学生といった方なら、審査に通りやすいカードとなるようです。