018434aa464621668920a7ea591e5d13_m

クレジットカードの審査に関する疑問を集めた

■家族がブラックだとクレジットカード審査に落ちる?

ブラックになってしまうと、クレジットカード審査に通るのは難しくなります。
では本人ではなく、家族がブラックの場合はどうなのでしょうか。
家族に問題があるせいで、クレジットカード審査に落ちてしまうことはあるのでしょうか。

クレジットカードの審査は、あくまでも申込者本人が審査を受けることになります。
家族などまで審査をすることはなく、本人に問題がなければ審査通過はできるでしょう。
家族のブラック情報は、クレジットカード審査には影響しないと言えます。

ただ同居している家族がブラックの場合は、クレジットカード審査に影響をすることがあります。
クレジットカード審査では、個人信用情報を参照されます。
その時に類似情報というものが出てくることがあります。
これは住所や姓名が同じ人に自己破産や債務整理をした人がいますよ、という情報です。
ここで家族がブラックであることが、判明してしまうのです。

ブラックの場合、クレジットカード審査に通ることができません。
そのためブラックの人が、家族に頼んでクレジットカードを発行しようとしているのではないか?という疑惑が出てきます。
実際にクレジッカードを使うのがブラックの人だとすると、また無謀にクレジットカードを使い自己破産や債務整理をする可能性があると思われます。
そうなると申込者本人に問題がなくても、家族がブラックのせいでクレジットカード審査に落ちる…となってしまうのです。
本人がクレジットカードを使いたい場合も、クレジットカードの審査では素直にそう判断してくれないのが現実です。

ただ同居していない家族や姓名が異なる家族がブラックである場合は、クレジットカード審査に影響はないと言えるでしょう。
離れて暮らしている親や兄弟がブラックであっても、本人問題がなければクレジットカード審査には通過できると思われます。

クレジットカードの審査落ちが続くと、「家族がブラックだから…」と家族のせいにする人もいるようです。
しかし同居している家族がブラックであるケース以外は、他に審査落ちの原因があることになります。
もしかしたら自分がブラックのせいで、クレジットカード審査に落ちているのかもしれません。
審査落ちが続く場合は、自分の個人信用情報を確認してみると良いでしょう。
開示請求をすれば、手数料1,000円ほどで自分の情報を確認することができます。
もしかしたら忘れているブラック情報が掲載されているかもしれません。

■クレジットカード審査に落ちたらどうする?

クレジットカードの審査に落ちてしまった…。
このようなときは、どうしたら良いのでしょうか。

クレジットカード審査に落ちたときは、原因を考えましょう。
理由なしで審査に落ちることはありません。
思い当たる原因があれば、それを改めてから次に申込をしましょう。

クレジットカード審査に落ちる原因となるのは、返済の遅延や滞納、申込書類の不備、勤続年数が短いなどがあります。
また身の丈に合わない審査基準のクレジットカードを選んでいることもあるでしょう。
自分にとって審査通過がしやすいクレジットカードに、申込みをするのがおすすめです。

クレジットカード審査に落ちた時に、やってはいけないのがすぐに別のクレジットカードに申込みをすることです。
気持ちを切り替えて次にチャレンジするのは悪いことではないのですが、クレジットカードの場合は逆効果となってしまいます。

クレジットカードに申込みをすると、個人信用情報に記録されます。
審査に落ちてしまうと契約情報は付きませんから、申込み記録だけが残ることになります。
この状態で次のクレジットカードに申込みをしてしまうと、審査で「別のクレジットカード審査に落ちている」とわかられることになります。
別のクレジットカード会社が審査に落としているのは、何かしらの問題があるからとなるでしょう。
それならうちのクレジットカードも発行したくない…となるわけです。

また直近にクレジットカードに申込みをしている記録があると、どうしてもクレジットカードを手に入れたいのはお金がないからだろうと思われてしまいます。
お金がないため何枚もクレジットカードを作り、使うだけ使い夜逃げでもするつもりなのではないか。
クレジットカードの現金化をするのではないかなどともなりがちで、審査に落ちることになります。

クレジットカードに審査に落ちたら、個人信用情報に申込み履歴が消えてから次に申込をしましょう。
申込記録は6ヶ月経過すると、自動的に消える仕組みになっています。
6ヶ月経過してから申込をすれば、過去にクレジットカード審査に落ちていると外部に漏れることはありません。

何度もクレジットカード審査に落ちてしまう、審査落ちの理由がわからない…という場合は、自分の個人信用情報を開示してみると良いでしょう。
ブラックになっているため、クレジットカード審査に落ちている可能性もあるためです。
記憶にないブラック情報がないか確認してみてください。

■クレジットカード審査は土日も行っている?

クレジットカードの発行期間は、申込みから最短3営業日などとなっていることがあります。
これは休業日を除いて、3日後に発行されるということです。
連休をはさんでしまうと、3営業日といっても発行は1週間後くらいになることもあるのです。
クレジットカードを早く欲しいときは、休業日と思われる土日にかからないように申込をする必要があるでしょう。

ではどのクレジットカードも、土日は審査を行っていないのでしょうか。

クレジットカード会社の休業日は、それぞれで設定されています。
土日は休業日の場合もありますし、営業をしている場合もあります。
銀行系や信販系などのクレジットカード会社はカレンダー通りの営業となっているようですが、ほぼ年中無休のクレジットカード会社もあり曜日関係なく審査を受けることは可能です。

土日も確実に審査を行っているのは、即日発行に対応しているクレジットカードです。
即日発行に対応しているクレジットカードは、セゾンカード、ACマスターカード、エポスカードなどがあります。
これらはすべて土日も営業しており、審査・発行が可能となっています。
金曜の夜にクレジットカードが急に必要になったとしても、月曜日まで待たなくても良いのです。

セゾンカードやエポスカードは流通系のクレジットカードのため、土日でも即日発行が可能となっていると言えるでしょう。
スーパーや百貨店というのは、カレンダー上の休日は書き入れ時でもあります。
すぐに割引を受けたいので、クレジットカードを即日発行したいという人が出てくる可能性も高いです。
そんなときに審査も発行もしていなかったら、顧客を逃してしまいますよね。
土日も営業をするのは、会員数を増やすことにもつながるのです。
ただ平日に店舗の定休日となることがあります。
即日発行のクレジットカードは店舗まで受取に行かなければなりませんから、定休日に申込みをしてしまうと即日発行ができません。
受取店舗の定休日がいつなのか、申込前に確認しておくようにしましょう。

ACマスターカードは消費者金融のアコムが発行しているため、土日も審査・発行を行っていると言えます。
アコムはクレジットカード会社ではなく、消費者金融となります。
大手消費者金融は利便性を高め顧客確保をはかっており、土日や祝日も営業しています。
アコムの無人契約機はほぼ年中無休で営業をしており、土日でもクレジットカードの即日発行が可能となっているわけです。

■犯罪歴があるとクレジットカード審査に落ちる?

クレジットカードの審査に影響するのでは?と心配になるのが、犯罪歴です。
犯罪歴があると、クレジットカード審査に落ちてしまうのでしょうか。

クレジットカードに申込みをするときに、犯罪歴があるか聞かれることはありません。
自分から逮捕歴があると申し出ることもないでしょうし、クレジットカード会社が申込者の犯罪歴を知ることはないでしょう。
そしてクレジットカード審査で参照される個人信用情報に、犯罪歴が掲載されているのではないか?と心配するケースもあるようです。
個人信用情報に記載されているのは名前、住所、勤務先といった本人の基本的な情報と、金融商品の利用状況となります。
クレジットカード、ローン、キャッシングなどの利用状況は記録されていますが、犯罪歴が掲載されていることはありません。
なのでクレジットカード審査に、犯罪歴が影響することはないでしょう。

クレジットカード審査に落ちるのは犯罪歴があるからではないか?というのは、間違いとなります。
犯罪歴ではなく、他に理由があると思われます。
多いのは返済遅延や滞納でしょう。
刑期の間返済をしていなければ、ブラックとなっています。
刑期を終えてクレジットカードに申込みをしても、滞納を解消していなければ審査通過ができるわけありません。
クレジットカードに申込みをする前に、返済を先に考える必要があります。

もし犯罪を犯したからといって、すでに持っているクレジットカードが利用停止になることもないでしょう。
無職になってしまったなどという理由から利用限度額が減らされる可能性はありますが、いきなり利用停止とはならないはずです。
ただこちらも滞納などを起こしてしまうと、有効期限が更新されなかったり、会員資格を失ってしまうことがありますので注意をしましょう。

また無職である場合も、クレジットカード審査に通ることはできません。
犯罪を犯してしまったために、職を失ってしまうことはあります。
しかし犯罪歴があるからといって、就職ができない…ということはないでしょう。
採用のときに犯罪歴を調査するところはほぼありませんので、自分で言わない限り問題はないと思われます。
クレジットカードの審査に通るには、アルバイトでも良いので収入を得る必要があります。

ブラック情報はない、安定した収入もあるとなれば、犯罪歴があってもクレジットカード審査に通るのは難しくありません。
犯罪歴があるからといって、クレジットカードの取得をあきらめることはないでしょう。

■クレジットカード審査を早めてくれることはある?

クレジットカードは申込みから発行まで、2週間程度必要になります。
1週間ほどで発行となるクレジットカードもありますが、すぐに発行するのは難しいと言えます。
しかしこれでは間に合わない!なんとかして早くクレジットカードを発行してもらえる方法はないの?と思うこともあるでしょう。
クレジットカード会社に依頼をすれば、審査を早めてくれることはあるのでしょうか。

消費者金融では申込後に専用のフリーダイヤルに電話をすると、審査を優先して行ってくれるサービスがあります。
とにかく早く現金を借りたいというときは、便利なサービスです。
しかしクレジットカードの場合は、こういったサービスは見かけません。
クレジットカードの審査を早めて欲しいと依頼してはいけない決まりはありませんが、応えてくれるとは言えないでしょう。
JALカードのように郵送での申込時に至急発行の旨を書いたメモを添えると、通常よりも審査を早めてくれるクレジットカードもあります。
それでも発行までには2週間~3週間ほど必要になってしまうようですが、通常は4週間程度かかるクレジットカードですので少しは早く手にすることができます。

クレジットカードを早く発行したいというなら、審査が早いクレジットカードを選ぶのが確実でしょう。
おすすめなのは即日発行に対応しているクレジットカードです。
即日発行のクレジットカードであれば、最短30分ほどで審査が完了となります。
これだけ審査が早ければ、即日発行もしやすいでしょう。
ただ即日発行のクレジットカードは、店舗まで受取に行かなければなりません。
店舗に行くことができないとなると、即日発行は無理となります。
クレジットカードを即日発行できる店舗に行けるのか、申込前に確認をしておきましょう。
郵送での受取となると、手にできるのは早くても数日後となってしまいます。

店舗では受け取れないので郵送でクレジットカードを受け取りたいときは、スピード審査・発行のクレジットカードを選ぶようにしてください。
最短3営業日で発行できるクレジットカードであれば、申込みから1週間程度で受け取ることができると思われます。
最近は機械にかけての審査になっていますので、以前ほど審査に時間をかけなくても済むようになりました。
そのためスピード発行のクレジットカードは増えてきており、選択肢も多くなっています。
自分が欲しいクレジットカードを、見つけられる可能性も高いでしょう。