b44699c74dcbf7999fefe51df59d3d09_m

審査が甘いクレジットカードとはどんなカード?

■消費者金融系審査が甘いクレジットカード

審査が甘いクレジットカードといえば、消費者金融系のクレジットカードです。
消費者金融ならではの審査基準を採用しており、審査通過率が高いのが特徴です。
とにかく審査が甘いことを優先するなら、選びたいクレジットカードです。

消費者金融系のクレジットカードとなるのは、アコムが発行するACマスターカードです。
無職や専業主婦は対象外となってしまいますが、アルバイトでも収入があれば申込ができます。
ただ20歳~69歳までと年齢制限がありますので、未成年などは申込みをしても審査通過はできません。
20歳以上であれば、学生でも発行できます。
審査が甘いので30代以上でクレヒスがない人が、最初の1枚として発行するケースも多いようです。

ACマスターカードのメリットは、即日発行が可能なことです。
通常クレジットカードは発行されると自宅へ郵送となります。
しかしこのクレジットカードは、アコムの無人契約機で受け取りをすることが可能です。
申込当日中に受取に行けば、即日発行が可能なのです。
急ぎでクレジットカードが必要な方にもおすすめです。

デメリットはショッピングやキャッシングをするだけのクレジットカードということでしょう。
通常クレジットカードにあるポイント付与などがなく、利用しても特にお得なことはありません。
審査に通過さえすれば良いという人向けです。
またリボ払い専用クレジットカードとなりますので、支払い方法にも注意をしてください。

現在のところ消費者金融が発行するクレジットカードは、ACマスターカードのみとなります。
ただ消費者金融が親会社となるクレジットカード会社が発行しているクレジットカードならあります。
それがライフカードです。
ライフカードは現在消費者金融のアイフルの子会社となっています。
アイフルの意向で審査が行われていると思われ、ACマスターカードまでとは行きませんが審査が甘いクレジットカードと予想されます。

ライフカード最大の特徴は、誕生月にポイント5倍サービスがあることです。
通常は0.5%ですが、誕生月だけはポイント還元率が2.5%にアップします。
年会費無料なので、誕生月だけに集中して使うクレジットカードにしても良いでしょう。
ポイントをしっかり貯められる審査が甘いクレジットカードですので、ACマスターカードよりおすすめ度は高いです。
まずはライフカードに挑戦してみて、ダメならACマスターカードに申し込みをするのが良いでしょう。

■流通系審査が甘いクレジットカード

消費者金融系の次に審査が甘いと言われているのが、流通系のクレジットカードです。
流通系とはコンビニ、スーパー、デパート、ドラッグストア、ホームエンター、電気家電店など、お店が発行しているクレジットカードとなります。
これらのクレジットカードは顧客獲得を目的として発行されています。
発行枚数を増やせば来店数が増えることが見込まれ、審査が甘いクレジットカードにして積極的に発行をしているようです。

流通系クレジットカードの中でも審査が甘いと言われているのが、イオンカードです。
イオンカードはいくつか種類がありますが、どれも年会費無料で発行しやすいクレジットカードです。
アルバイト、パートはもちろん、専業主婦は学生にも積極的に発行をしています。

イオンカードはイオングループ店舗でお得になるのがメリットです。
毎月20日30日のお客さま感謝デーでは、お会計5%オフの特典があります。
またワンデーパスポート、バースデーパスポートといったイオン店舗で使えるクーポンの配布もあります。
通常のポイント還元率は0.5%ですが、イオン店舗ではいつでもポイント2倍の1.0%となります。
イオン店舗でショッピングをするなら、持っていたいクレジットカードでしょう。
特にクレジットカード、WAON、イオン銀行のキャッシュカード機能が一緒になった、イオンカードセレクトがおすすめです。

エポスカードも流通系クレジットカードでは、審査が甘いとされています。
オンラインや店舗で申込みをして、マルイ店舗などにあるエポスカードセンターで受け取ると即日発行も可能です。
審査がが早いクレジットカードは審査が甘い傾向にあるようなので、即日発行ができるほど審査が早いエポスカードも審査が甘いと予想されます。
エポスカードはマルイで年に4回お会計10%オフのほか、全国約7,000店舗でも優待特典があります。
また年会費無料ながら海外旅行保険が自動付帯するなど、サービスの面でも納得できるクレジットカーとと言えるでしょう。

流通系のクレジットカードは、店舗で入会キャンペーンを行っていることも多々あります。
このキャンペーンは、より審査が甘い傾向にあるので狙い目です。
新規会員を獲得するためのキャンペーンなので、審査基準が引き下げられていることが多いのです。
すごく審査が甘くなっているわけではないので必ずしも審査通過するとは言えませんが、少しでも審査が甘い方が良いというなら店舗のキャンペーンで申込みをしてみましょう。

■銀行系審査が甘いクレジットカード

銀行系クレジットカードはステータスもあり、審査が厳しいと言われています。
厳密に審査を行うので、銀行系で審査が甘いクレジットカードを見つけるのは難しいでしょう。
審査が甘いクレジットカードを探しているなら、銀行系は最初から選択肢から除外して良いとされているくらいです。

ただ銀行系の中でも、審査が甘いとされるクレジットカードはあります。
発行対象者を絞っているクレジットカード、リボ払い専用クレジットカードなどを狙ってみましょう。
このようなクレジットカードを選べば、憧れの銀行系を所有することも無理ではなくなります。

銀行系の代表となるのが、三井住友VISAカードでしょう。
以前よりも審査は甘い傾向になっているようですが、消費者金融系や流通系などに比べると審査が厳しいことに変わりはありません。
三井住友VISAカードでは、三井住友VISAデビュープラスがおすすめです。
18歳から25歳までと発行対象を絞っていることで、審査が甘いクレジットカードとなっています。
新社会人や学生の会員を増やすことで将来ずっと三井住友VISAカードを使ってもらいたいと言う思惑があり、審査基準を引き下げているようです。
ポイントはいつでも2倍(還元率1.0%)、入会から3か月間はポイント5倍(還元率2.5%)なので、ポイントもたまりやすいです。

日本生まれの銀行系クレジットカード会社JCBカードでは、JCB EITカードがおすすめです。
このクレジットカードの審査が甘い理由は、リボ払い専用クレジットカードだからです。
リボ払い専用クレジットカードは、全体的に審査が甘い傾向にあります。
JCB EITも審査が甘いので、アルバイトやパートなどでも発行しやすくなっています。
JCB EITはJCBプロパーながら、年会費無料です。
ポイントは常に2倍(還元率1.0%)なので、お得度も高いです。
初回全額支払いにをすれば、リボ手数料無料で使うこともできます。

三菱UFJニコスカードでは、DCカード Jizile(ジザイル)がおすすめです。
こちらもJCB EITカードと同様、リボ払い専用クレジットカードとなるため審査が甘くなっています。
特徴はポイントが常に3倍(還元率1.5%)になること。
年会費無料でここまでポイントを貯められるクレジットカードは、なかなかありません。
ただ支払い時にリボ手数料が必要になりますので、初回全額払いになるように使うのが良いでしょう。

■EC系審査が甘いクレジットカード

近年人気が高いのが、EC系のクレジットカードです。
インターネット系のサイトが発行しており、審査が甘いクレジットカードも多くなっています。

審査が甘いクレジットカードとして、よくあげられるのが楽天カードです。
7年連続顧客満足度を獲得していたり、8秒に1人申し込んでいるなど人気が高いです。
発行枚数も多くなっているので、審査は甘いと言えるでしょう。
審査が厳しいと「自分いは無理」と申込を控える人が多いので、8秒に1人申込をするなんてことにはなりません。
それに審査が厳しいと発行枚数は絞られてしまいますので、楽天カードは審査が甘いクレジットカードというのは真実でしょう。

楽天カードは年会費無料ながら、ポイント還元率は1.0%あります。
さらにENEOSなど街中にはポイント2倍以上になる店舗もあり、楽天市場ではいつでもポイント4倍になります。
1.0%以上の還元率にすることも容易でしょう。
ポイントがよくたまる審査が甘いクレジットカードを探しているならおすすめです。

楽天市場と並び大手となるのが、Yahooショッピングです。
ここでお得になるのが、Yahoo!JAPANカードです。
こちらも年会費無料で、ポイント還元率は1.0%。
Yahooショッピングやロハコではいつでもポイント3倍になります。
たまるポイントは使いやすいTポイントということでも人気です。
Yahoo!JAPANカードは審査が甘いクレジットカードではあるのですが、以前よりはやや審査が厳しくなってきたとも言われているようです。
特にクレヒスを重視するようになっており、クレヒスがないと審査落ちしてしまうこともあるのだとか。
これからも審査が厳しめになる可能性はありますので、申込みをするなら早めが良いでしょう。

どちらのクレジットカードもアルバイト、パート、専業主婦、学生でも申込ができます。
インターネットショッピングをする機会は増えてきており、決済のためにクレジットカードは必須になっています。
楽天市場やYahoo!ショッピングを利用している人も多いかと思いますので、どうせ使うならお得なクレジットカードの方が良いのではないでしょうか。
どちらのクレジットカードも年会費無料で審査も甘いですので、申込みがしやすいと思われます。
新規入会特典のポイント付与数も高くおすすめです。
入会キャンペーンを行っている期間は、より審査が甘いクレジットカードになっている可能性が高いです!

■信販系審査が甘いクレジットカード

銀行系の次に審査が厳しいとされてるのが、信販系のクレジットカードです。
信販系は比較的歴史があるクレジットカード会社が多く、発行されている種類も多いです。
信販系で審査が甘いと言われているクレジットカードはあるのでしょうか。

女性におすすめなのは、クレディセゾンが発行するセゾンカードです。
セゾンカードは稼働率を重視した審査を行っています。
発行後にクレジットカードを使ってくれるか?使ってくれないか?で、審査結果をだします。
セゾンカードは西友、リヴィン、サニーなどで割引きがあるため、主な利用層となる女性の利用率が高いクレジットカードです。
そのため女性は発行されやすく、審査が甘いクレジットカードとなっているのです。
アルバイト、パートで収入がある女性だけでなく、専業主婦にとっても審査が甘いクレジットカードとなるでしょう。

クレディセゾンのクレジットカードは、独自のサービスが多いのが特徴です。
今でこそ普通となりましたが、日本で最初に年会費無料クレジットカードの発行を開始しています。
そしてセゾンカード・インターナショナルやPARCOカードなど、即日発行可能なクレジットカードを発行しています。
即日審査、即日発行ができる数少ないクレジットカードなのです。
またポイントは永久不滅ポイントで、有効期限がありません。
日本のクレジットカード会社では、ポイント有効期限がないのは珍しいでしょう。

近年人気が高いOrico Card THE POINTもおすすめです。
オリコカードが現在イチオシしていますので、審査基準を低くして顧客確保をしていると思われます。
今なら審査が甘いクレジットカードになっていますので狙い目でしょう。
Orico Card THE POINTは、年会費無料でポイント還元率が1.0%と高いのが特徴です。
そして入会後6ヶ月間はポイント2倍になったり、オリコモールを利用すると特別加算として0.5%のポイントが上乗せれる特典がありポイントを貯めやすいです。

Orico Card THE POINTの券面は、シンプルなブラック。
審査が甘いクレジットカードはステータスが低く、持つのが恥ずかしい…という声もよくあります。
しかしOrico Card THE POINTはブラックカードのようにも見え、安っぽさがないデザインとなっています。
審査画甘いクレジットカードでも、見た目がカッコイイクレジットカードが欲しいという方におすすめです。