c93252b32e79f7a90d88594a34cdf866_m

審査が甘いカードを探している方におすすめの選び方

■ブラックでもOKの審査が甘いクレジットカード

審査が甘いクレジットカードを探しているのは、ブラックの人ではないでしょうか。
ブラックになってしまうと、ほとんどのクレジットカード審査に落ちてしまいます。
ブラックになるような金融事故を起こすような人は、信用ができないためです。
貸したお金を期日まで返してくれない人に、お金を貸そうとは思えないというわけなのです。

ブラックでも発行できる可能性があるクレジットカードに、アメックスがあります。
クレジットカードの審査は、コンピューターにより行われています。
個人信用情報機関にブラック情報があると、その時点でコンピューターシステムにはじかれてしまいます。
そのため審査が甘いクレジットカードでも、ブラックは審査通過ができないのです。

しかしアメックスは独自の審査基準を採用しています。
個人信用情報機関にブラック情報があっても、そこでアウトということにはなりません。
他の項目も審査をして、総合的に返済能力があるかを判断します。
過去にブラックの情報があっても、現在返済能力が十分にあれば審査通過できるかもしれないのです。
ブラックの人にとっては、アメックスは審査が甘いクレジットカードとなるでしょう。

ただアメックスが審査が甘いクレジットカードということにはなりません。
アメックスはパートやアルバイトいった非正規社員では、発行は難しいクレジットカードです。
社会的な地位や年収がなければ審査通過はできないと思われます。
アメックスは審査が甘いから誰でも発行できると、勘違いしないようにしてください。
アメックスは審査は厳しい、ステータスの高いクレジットカードなのです。

審査が激甘なACマスターカードは、ブラックでも発行できたという例があるようです。
消費者金融系のクレジットカードは審査が甘いので、ブラックでもラクラク審査通過はできるような感じはあります。
少し前まではACマスターカードでもブラックは発行不可能と言われていましたが、現在は審査基準が引き下げられているようです。
利用限度額を低くするなどして貸し倒れリスクを軽減させ、多くの人に発行をしているとのことです。
ブラック現在進行形ではなく現在はブラックを解消していれば、審査通過できる可能性はあると言えるでしょう。

それでも審査が甘いクレジットカードでも、ブラックにとってはそれほど審査が甘いとはなりません。
審査に通過しにくいことに変わりはなく、カンタンに発行できるとは思わない方が良いでしょう。

■VISAの審査が甘いクレジットカード

クレジットカードの国際ブランドはいくつかありますが、世界で一番加盟店が多いのはVISAです。
こんなところでクレジットカードが使えるの?!という小さな国でも、VISAなら使えるということもあるようです。
国内で使うのも良いですが、海外に行くときはVISAのクレジットカードがないとキツイでしょう。
VISAをまず1枚用意し、サブで他の国際ブランドのクレジットカードを持つのがおすすめです。
VISAがあれば現金がなくても世界中を渡り歩けるくらいです。

VISAというと国内では三井住友VISAカードが有名ですが、VISAライセンスを取得しているクレジットカードは他にも多数あります。
ほとんどのクレジットカード会社が、VISAのクレジットカードを発行しているくらいです。
そのためVISAブランドの審査が甘いクレジットカードを見つけるのも容易と思われます。

審査が甘いと言われているクレジットカードの中では、楽天カードがおすすめです。
楽天カードはポイントがたまりやすく、顧客満足度も高いクレジットカードです。
インターネットショッピングだけでなく実店舗でも使える場所が多いので、VISAはおすすめです。
どの国際ブランドにしようか迷ったら、とりあえずVISAを選んでおくと良いでしょう。

イオンカードやエポスカードなど、審査が甘いとされる流通系のクレジットカードにもVISAがあります。
専業主婦などでも発行しやすいクレジットカードです。
ちなみにエポスカードはVISAしかありませんので、必然的にVISAを選ぶことになります。
このように国際ブランドの選択肢がないクレジットカードもありますので、申込時に確認をしておきましょう。
そのほかセゾンカード、ライフカードなどでもVISAブランドがあります。

同じクレジットカードであれば、国際ブランドにより審査基準が異なることはほぼありません。
たとえばVISA、JCB、マスターカードとある楽天カードは、VISAだから審査が甘い、JCBだから審査が厳しいということはないと思われます。
なので審査を気にせずに、好きな国際ブランドを選んでOKです。

ただ国際ブランドにより提携先が異なる場合は、審査基準が変わることがあります。
JALカードですとJCBはJCBカードが、VISAは三井住友VISAカードと、審査を行うクレジットカード会社が異なるためです。
提携発行されているクレジットカードは、発行元がどこなのかの確認もしておきましょう。

■JCBの審査が甘いクレジットカード

日本国内だけでは、加盟店が多い国際ブランドはJCBです。
日本で生まれた国際ブランドなので、日本では使い勝手が良いです。
国内ではJCBのみ使えるという店舗も、まだ多いのだとか。
日本人なら1枚くらいは持っておきたいですね。

JCBカードにはJCBカードが発行するプロパーカードと、他社との提携カードがあります。
プロパーカードの審査は、それほど審査は甘いクレジットカードではありません。
リボ払い専用クレジットカードなどは若干審査が甘いとなるようですが、審査が甘いクレジットカードなら提携カードを選ぶのが良いでしょう。

審査が甘いJCBのクレジットカードでは、楽天カードやイオンカードがあります。
楽天カードのJCBは、nanacoを使う人におすすめです。
nanacoはチャージをして使う電子マネーですが、チャージでポイントをもらえるクレジットカードがおすすめです。
その一つとなるのが、楽天カードのJCBブランドです。
nanacoチャージでは100円で1ポイントを獲得できます。
楽天カードはJCBの他にVISAとマスターカードもありますが、nanacoチャージでポイントが獲得できるのはJCBブランドのみです。
国際ブランドによってこのように、サービスが異なることもあると覚えておきましょう。
国際ブランドはどれも同じだから適当に選んでもよいものではないのです。

イオンカードはJCBブランドを選ぶと、ディズニーデザインを選択することができます。
JCBはディズニーの公式スポンサーとなっているので、こういったサービスができるのでしょう。
審査が甘いクレジットカードでかわいらしいデザインなので、主婦など女性に人気が高くなっています。
イオンカードはVISA、マスターカードもあるのですが、JCB以外は通常のデザインとなりますので注意してください。

またJCBブランドのクレジットカードは、海外で使えるJCBプラザがあります。
日本語での旅のサポートなどをしてもらえ、海外では力強い味方となります。
JCBプラザはJCBプロパーカードだけでなく、提携のJCBカードでも利用が可能です。
サブのクレジットカードとしてでも、海外には持って行くのがおすすめです。
審査甘いクレジットカードを、海外用に発行するのも良いでしょう。
比較的審査が甘いとされるセゾンカード・インターナショナルなら、即日発行することもできます。
急に海外に行くことになったときにはおすすめです。

■マスターカードの審査が甘いクレジットカード

VISAと並び、世界中で使いやすいのはマスターカードです。
マスターカードはプロパーカードがなく、ライセンス契約をした提携クレジットカードのみしかありません。
審査が甘いマスターカードのクレジットカードは、必然的に提携クレジットカードになります。

マスターカードブランドのクレジットカードは多々あるのですが、ダントツで審査が甘いのはACマスターカードでしょう。
消費者金融系のクレジットカードなので、審査はかなり甘いです。
クレジットカードの審査に通らない人にとっては、救世主のような存在と言えるかもしれません。
クレヒスがない、クレヒスが良くない人にもおすすめです。

ACマスターカードは、その名の通りマスターカードブランドしかありません。
アコムが発行していますが、券面にアコムの文字はデザインされていません。
マスターカードの文字が目立つデザインとなっており、見た目はマスターカードのプロパーのようです。
審査が甘いクレジットカードであっても、消費者金融のクレジットカードを使っているのは恥ずかしい…と感じてしまう人もいるようです。
しかしACマスターカードを見られても、消費者金融のクレジットカードとはわかりにくいです。
消費者金融系クレジットカードであることに、引け目を感じる方にもおすすめです。

お得なクレジットカードとして、最近注目されているのはP-one Wizカードです。
1%の自動割引き+0.5%のポイント付与があり、1.5%のお得ができるクレジットカードです。
しかも年会費無料、入会後6ヶ月間はポイント3倍なので、注目されるのも当然かもしれません。
実はこのクレジットカード、リボ払い専用であることで審査が甘いとされています。
リボ払い専用クレジットカードは、サービスが多い上に審査が甘いものが多いので狙い目です。
VISA、JCB、マスターカードが用意されており、審査が甘いマスターカードのクレジットカードの一つとなるでしょう。

リボ払い専用クレジットカードでは、DCカード Jizile(ジザイル)にもマスターカードブランドがあります。
銀行系の三菱UFJニコスの審査はそれほど甘くはないのですが、リボ払い専用クレジットカードは審査が甘いので発行しやすいです。
DCカード Jizile(ジザイル)はポイントはいつでも3倍(還元率1.5%)となり、ポイントがたまりやすくお得です。
海外旅行保険が自動付帯となっていますので、海外用のクレジットカードとしてもおすすえmです。

■アメックスの審査が甘いクレジットカード

国際ブランドの中で、審査が厳しいのはアメックスとダイナースクラブです。
アルバイトやパートなど非正規社員では、まず審査通過することはできません。
審査が甘いクレジットカードを探している人は、アメックスとダイナースクラブは除外しても良いかもしれません。
特にダイナースクラブは提携クレジットカードがなく、プロパーカードしかありません。
審査はかなり厳しいとされてています。

ただアメックスはプロパーではなく、提携クレジットカードであれば発行できる可能性は出てくるでしょう。
提携カードは、プロパーカードよりも審査が甘いクレジットカードが多いためです。

アメックスでおすすめなのは、クレディセゾン発行のクレジットカードです。
クレディセゾンはアメックスとの提携を強化しており、提携クレジットカードも多数発行しています。
アメックスの高いステータスを感じさせながら、審査が甘いのはありがたいですね。

セゾンカードでおすすめのアメックスは、ウォルマートカード・アメックスです。
西友、リヴィン、サニーでは毎日3%オフになるクレジットカードで、主婦に人気があるクレジットカードです。
専業主婦でも発行できるので、審査は甘いとなるでしょう。

もっとステータスの高いアメックスが欲しいというなら、セゾンブルー・アメックス、セゾンパールアメックスがおすすめです。
アメックスのシンボルとなる騎士がデザインされており、アメックスっぽさ満載のクレジットカードとなっています。
セゾンパール・アメックスは年会費1,000円(税抜)で、年間1度でも利用があれば翌年度は年会費無料になります。
セゾンブルー・アメックスは年会費3,000円(税抜)です。
アメックスのプロパーに比べると格安の年会費なので、手軽に持つことができるアメックスとなります。
アメックスのプロパーに比べると審査も甘いので、アメックスは敷居が高いと感じている方にもおすすめです。

アメックスはコストコで利用するために、発行したいという方も多いようです。
コストコで使えるクレジットカードブランドは、アメックスのみだからです。
プロパーは年会費が高いし審査が厳しいですが、セゾンカードのアメックスなら発行しやすいでしょう。

セゾンカードではPARCOカードやMUJIカードなどでも、アメックスブランドがあります。
しかし年会費無料クレジットカードでも、アメックスだけは年会費有料となってしまいますので注意をしてください。