725f9fdcde9c362ff32dcfaf496a51a7_m

審査が甘いクレジットカード情報と、オススメカードの紹介

■審査が甘いクレジットカードはどれ?

クレジットカードに審査があることは知っているけれど、詳しいことはよくわからない…という人は多いと思います。
クレジットカードの専門家でもありませんし、これは当然のことでしょう。

ここではクレジットカードの審査についての疑問に答えていきたいと思います。

クレジットカードの疑問で多いのは、審査が甘いクレジットカードはどれか?!というものです。
誰だってクレジットカードの審査には落ちたくないです。
なので審査が甘いクレジットカードを探すのは、当然のことではあります。

クレジットカードの審査は、状況により甘いか厳しいかの判断をしなければなりません。
同じクレジットカードでもAさんは審査が厳しいと感じるけれど、Bさんは審査が甘いと感じることがあります。
そのため審査が甘いクレジットカードはどれ?と聞かれても、答えにくい…となってしまうのです。

審査に不利な条件がありクレジットカードが発行しにくい人でも、審査が甘いと思えるようなクレジットカードなら、消費者金融系のクレジットカードでしょう。
クレジットカードは発行元により、審査の甘さを予想することができます。
一番厳しいのは銀行系で、激甘と言われているのが消費者金融系なのです。

消費者金融系のクレジットカードとなるのが、アコムが発行するACマスターカードです。
クレジットカード審査に落ちた経験がある人でも、発行できる可能性があります。
審査が甘い理由は、消費者金融系の基準で審査を行っているためです。
消費者金融系は返済能力が少しでもあると判断できれば、審査通過がしやすいようです。
通常クレジットカード審査では支払いができないリスクと支払いをしてもらえる可能性が半々くらいであれば、審査落ちすることが多いです。
しかし消費者金融系クレジットカードでは、支払いしてもらえれば儲けものとして審査通過させることがあるのです。

ただ審査落ちはしなくても、利用限度額は低く抑えられてしまうようです。
実際にACマスターカードでは、新規発行時の利用限度額は5万円~10万円程度のことが多くなっているようです。
限度額を低くして審査通過をさせるのは、支払いができなかったときの損失を最小限に抑えることができるためです。
限度額が低いと使い勝手はよくありませんが、クレジットカードがないよりはマシです。
審査が甘いクレジットカードが良ければ、消費者金融系のクレジットカードを選ぶのがおすすめとなるでしょう。

■自営業はクレジットカード審査に落ちる?

アルバイトやパートなど、非正規社員はクレジットカード審査に落ちやすくなります。
しかしそれ以上に審査落ちしやすいのが自営業です。
自営業のために、クレジットカード審査に落ち続ける…というケースもあるようです。

自営業は、クレジットカードを発行できないのでしょうか。

自営業がクレジットカードと作れないということはありませんが、審査落ちしやすいのは事実です。
それは安定した収入を得にくいためです。
アルバイトやパートだとしても、毎月同じくらいのお給料をもらうことはできます。
しかし自営業は、毎月収入が同じ…というわけには行きません。
月により収入に変動が出てしまいやすく、安定して収入があるとは言えないのです。

また自営業は、収入を得続けられるとは限りません。
自営業は経営が破たんするというリスクもあり、そうなると収入がなくなってしまいます。
クレジットカードの支払いが、滞ってしまうかもしれませんね。
そのため自営業者は、クレジットカード審査に落ちやすくなってしまうのです。

自営業者がクレジットカード審査に落ちないためには、審査が甘いクレジットカードに申込みをしましょう。
審査が甘いクレジットカードなら、自営業者でも審査落ちしなくて済む可能性が高くなります。
そして申込時は利用限度額を低くして、キャッシングは付けないのがおすすめです。
利用限度額は低ければ低いほど、審査は通りやすくなるためです。

ただ自営業者はいろいろな形態があります。
開業医や個人事務所を構える弁護士なども、自営業に入るでしょう。
このような社会的に認められている職種の自営業であれば、クレジットカードの発行は難しくはありません。
審査落ちを心配することなく、クレジットカードに申込みをすることもできるでしょう。

また自営業者は法人向けクレジットカードを発行する方法もあります。
クレジットカードには個人向けと法人向けがあり、個人事業主となる自営業者は法人カードの発行対象となります。
事業用にもクレジットカードを使うのであれば、法人カードを発行するのもおすすめです。
法人カードは開業から2年以上、2期以上の黒字経営など、審査落ちしないためには多くの条件をクリアしなければならないと言われています。
そのため審査が厳しいと思われれおり、個人向けクレジットカードでいいや…という自営業者も少なくはありません。
しかし中にはそれほど審査が厳しくない法人カードもありますので、発行できるチャンスはあるででしょう。

■審査が甘いゴールドクレジットカードはある?

将来的にゴールドカードを取得したいという人も多いです。
審査が甘いクレジットカードを探している方にとっては、ゴールドカードどころではないかもしれません。
それでもゴールドカードを考えるときが来るかもしれませんので、ゴールドカードの審査について知っていて損はないでしょう。
ゴールドカードは審査が厳しいクレジットカードですが、審査が甘いものはあるのでしょうか。

ゴールドカードはいくつかの種類に分けることができます。
低年会費ゴールドカード、ヤング向けゴールドカード、一般ゴールドカードとなりますが、審査が甘いのは低年会費ゴールドカードとヤング向けゴールドカードです。
審査基準は一般のクレジットカードとそれほど変わらず、ゴールドカードを身近なものに感じることができます。

低年会費ゴールドカードの先駆者となるのが、MUFGカードゴールドです。
年会費は税別1,905円と格安です。
一般ゴールドカードの年会費は1万円が相場なので、5分の1程度の年会費となります。
MUFGカードゴールは、18歳以上で本人または配偶者に安定収入がある人です。
特筆すべきは10代でも専業主婦でも、審査通過が可能ということです。
申込基準は一般のクレジットカードと同じですので、ゴールドカードにしては審査が甘いとなるでしょう。
利用できる場所はは少ないですが空港ラウンジ無料利用サービスもついており、さすがゴールドカードとう感じです。
手軽にゴールドカードを持ちたい方にはおすすめです。

ヤング向けゴールドカードでは、三井住友VISAプライムゴールドカードがおすすめです。
20歳から30歳までを対象にしたゴールドカードで、一般ゴールドカードより審査が甘いクレジットカードとなっています。
若いうちからステータスのあるクレジットカードの取得を目指すならおすすめです。
年会費は税別5,000円ですが、条件を満たすことにより税別1,500円まで割引させることも可能です。
三井住友プライムゴールドカードは、三井住友デビュープラスカードを発行すればカンタンに発行することもできます。
デビュープラスカードは26歳になると会員資格がなくなるため、自動的にプライムゴールドカードに切り替わります。
ほぼ無審査でゴールドカードを取得することができることになるのです。
銀行系の三井住友VISAカードは審査が厳しめではありますが、ヤング向けゴールドカードなら審査が甘いと言えるでしょう。

■審査甘いクレジットカード三井住友デビュープラス

銀行系のクレジットカードは、審査が厳しいとされています。
日本で銀行系といえば、三井住友カードでしょう。
審査が甘いクレジットカードを探している人には、敷居が高いと感じるかもしれません。

ただ三井住友カードでも、比較的審査が甘いクレジットカードが存在しています。
それが三井住友VISAデビュープラスカードです。
このクレジットカードは18歳~25歳までをターゲットしています。
学生や新社会人におすすめのクレジットカードです。

三井住友カードは、若い世代の顧客取り込みを積極的に行っています。
若いうちから使ってもらい、長いお付き合いをしたいと考えているのです。
そのためデビュープラスを審査が甘いクレジットカードにして、若い世代を取り込もうとしているのです。

18歳~25歳であれば、まだクレヒスはないケースが多いでしょう。
初めてクレジットカードを作る世代であれば、クレヒスがなくても当然ですからね。
またまだ学生や働き始めたばかりですと、収入はそれほど望めないと思われます。
クレヒスがなく年収が低いとなると、クレジットカードの審査では不利になります。
しかしデビュープラスは、それを踏まえた審査を行います。
審査基準をもともと下げているので、審査が甘いクレジットカードとなっているわけです。
借入がたくさんある、延滞や滞納を起こしているといった人でなければ、審査通過できる可能性が高いでしょう。

デビュープラスは年に1度でも利用があれば、翌年度の年会費が無料になります。
初年度は無料なので、ずっと実質年会費無料で使うことができます(年に1度も利用がない場合は年会費税別1,250円)。
また入会後3か月間はポイント5倍、それ以降もずっとポイント2倍といったサービスがあり人気です。

さらにデビュープラスは、26歳になると自動的にプライムゴールドカードにランクアップします。
ゴールドカードを取得するのは難しいですが、デビュープラスを発行しておけばラクラク発行することもできるのです。
将来的にはランクが高いクレジットカードを持ちたいという方も多いです。
審査が甘いクレジットカードであるデビュープラスを発行すれば、簡単にゴールドカードを所有することができます。

三井住友VISAカードは、以前よりは審査基準が低くなっているようです。
しかしまだ審査が甘いクレジットカードとは言えません。
25歳をすぎて一般カードに申込みをして審査落ちをするより、審査が甘いデビュープラスを発行しておいた方が良いでしょう。

■審査甘いクレジットカードセディナJiyu!da!

リボ払い専用クレジットカードは、審査が甘い傾向にあります。
リボ手数料による利益が見込めるため、クレジットカード会社が審査基準を引き下げて積極的に発行をしているためです。

リボ払い専用クレジットカードの中でも、審査が甘いとされているがセディナカード Jiyu!da!です。
セディナカードはOMCカード、クオーク、セントラルファイナンスが合併して誕生しました。
OMCカードはダイエーでクレジットカードを発行しており、審査が甘いと言われていました。
そのためセディナカードも、それほど審査は厳しくないと思われます。

またセディナカードは、利益をあげることを重視した審査を行っています。
貸し倒れリスクがあったとしても、利益が上がる可能性があれば発行されることがあるのです。
他のクレジットカード会社では審査落ちしてしまう人でも発行されるかもしれなく、審査が甘いクレジットカードとなるでしょう。
さらにリボ払い専用クレジットカードとなると、より審査は甘い可能性が高いです。

セディナカード Jiyu!da!は、ショッピングをよくするならおすすめです。
イトーヨーカドー、セブンイレブン、イオン、ダイエーでは、いつ使ってもポイントが3倍となります。
通常のポイント還元率は0.5%ですから、1.5%のポイントを獲得できるわけです。
イオンのみ、イトーヨーカドーのみでお得になるクレジットカードはありますが、どちらで使ってもポイントがアップするのは嬉しいですね。
またマルエツなどの店舗では、お会計が5%オフになるサービスもあります。

セディナカード Jiyu!da!は、18歳以上で電話連絡可能であれば申込ができます。
専業主婦、フリーター、学生でも発行が可能です。
借入件数が多くても審査通過した例もあり、審査はかなり甘いクレジットカードと判断できるかもしれません。
デザインは通常のものと、ハローキティデザインが用意されています。
ハローキティデザインは、女性に人気が高いです。
デザインに魅かれて、セディナカード Jiyu!da!を選ぶという方もいるようです。

セディナカード Jiyu!da!は年会費無料で、審査も甘いのでおすすめのクレジットカードです。
ただリボ専用の自由払いクレジットカードであることは忘れないようにしましょう。
毎月の支払い金額が少ないと支払い回数が増え、手数料の負担が大きくなります。
さらに利用残高がなかなか減らず、返済に困る可能性もあるので気を付けてください。